So-net無料ブログ作成

秋月電子様の0.96インチ 128×64ドット有機ELディスプレイ(OLED)のvolumioプラグイン公開 [Volumio]

OPAです。
秋月電子様の0.96インチ 128×64ドット有機ELディスプレイ(OLED)を使った曲名等を表示するvolumioのプラグインを公開します。野良プラグインですので標準のインストール方法ではインストールできませんのであしからず。
以下、野良プラグインのインストール方法です。

SSHの設定

デフォルトでSSHが使えないので、Volumioの設定を変更します。ここでは、volumioのホスト名を、 volumio2.localにしています。
http://volumio2.local/DEV/
にアクセスして、SSHをenableに設定します。

DEVページ.JPG


プラグインのダウンロード

以下から、「ssd1306I2c.zip」をダウンロードします。
https://www.dropbox.com/s/kg1p6fcxdf3scn3/ssd1306I2c.zip?dl=0

※2018/4/30追記
T2さんの要望で、曲名が短い場合、スクロールしないようにしてみました。 また、サンプリングレートの表記の"KHz"を"kHz"にしました。ただし、volumio自身が"KHz"を 返却しているのでvolumioとの表記方法と異なります。
https://www.dropbox.com/s/stj9fxrjo7l6z9z/ssd1306I2c_20180430_1.zip?dl=0

圧縮ファイルを展開します。WinSCPを起動し、volumio2.localに接続します。
ユーザ名「volumio」、パスワード「volumio」です。
展開したフォルダをvolumio2.localに転送します。

winscp.JPG


プラグインのインストール

ターミナルソフト(TeraTermなど)を起動し、volumio2.localに接続します。
volumioコマンドでプラグインをインストールします。

volumio@volumio2:~$ ls
ssd1306I2c
volumio@volumio2:~$ cd ssd1306I2c/
volumio@volumio2:~/ssd1306I2c$ volumio plugin install

This command will install the plugin on your device

Compressing the plugin
Plugin succesfully compressed
Progress: 10
Status :Downloading plugin
Progress: 30
Status :Creating folder on disk
Progress: 40
Status :Unpacking plugin
Progress: 50
Status :Checking for duplicate plugin
Progress: 60
Status :Copying Plugin into location
Progress: 70
Status :Installing dependencies
  :
  :
Status :Installing dependencies
Progress: 90
Status :Adding plugin to registry
Progress: 100
Status :Plugin Successfully Installed
Done!
volumio@volumio2:~/ssd1306I2c$

プラグインの起動

volumioにアクセスして、設定メニューからプラグインを選択します。
「インストール済みのプラグイン」タブを選択し、ssd1306_i2cプラグインをONにします。

プラグイン設定.JPG


自己責任でお願いします。以上です。

Rpi3.jpg

nice!(1)  コメント(6) 

PCM5102A DIP化キットと0.96インチ 128×64ドット有機ELディスプレイ(OLED)の実験基板作成 [電子工作]

OPAです。週末に出来事がなかったわけではありませんでしたが、更新が久しぶりになっています。
秋月電子さんの「PCM5102A DIP化キット」を使ったRaspberry PiのDAC化基板です。Volumioでも使えます。チップ部品を使っていないので、おじさんにもつくれちゃう。

AKI-PCM5102A基板.jpg

秋月電子さんの「0.96インチ 128×64ドット有機ELディスプレイ(OLED)」を 使ったRaspberry piの制御基板です。volumio のプラグインも作成しました。基板上にタクトスイッチを配置したので、GPIO Buttonsプラグインで制御もできます。

有機ELディスプレイ基板.jpg

raspberry pi Zeroだとvolumioを使うのは厳しいので、独自にLinuxをコンパイルして音楽再生と曲名を表示するパッケージも作成しました。

AKI-PCM5102基板と有機EL基板.jpg

Raspberry pi 3Bとの組み合わせです。volumioで再生できます。

Rpi3.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。